ソリューション実例

トップページ > ソリューション実例 > 建築・土木業界

建築/土木業界で赤外線サーモグラフィーを使う

外壁、法面、橋梁への応用:施工後数十年を経過し風雨に晒された壁面の劣化は思いのほか進んでいるものです。
日射を利用し、広範囲を短時間に効率よく調査できます。足場掛けの費用と期間の節約にもなります。
画像は工法決定への貴重な情報をもたらし、所有者への具体的な提案材料となり大変有利です。

住宅性能の向上は住む人に快適さを提供しますが、施工不良や経年劣化によって損なわれることがあります。 また、 不動産資産価値の維持・向上は所有者に課せられた宿命ですが赤外線サーモグラフィーはその一助となることでしょう。

熱画像は、屋内の快適さの指標を判断する情報をもたらします。熱分布の検証で建屋の状態が手に取るように解ります リフォームの妥当性を示し、最小限のコストで最大限の施工効果を提案できます。

ソリューション一覧へ戻る